よくある質問

愛犬・愛猫が迷い子になってしまい、どうして良いか分からない場合、今すぐお電話下さい。
迷子サイトや掲示板への書き込みは、無駄な時間だけが過ぎ期待外れに終わり、手遅れの現因となるので、しない事をお勧めします。掲示板とは、犬・猫を迷い子にした飼い主が書き込みを行うもので、一般の人が、猫が居たからと言ってわざわざ全てのサイトをチェックする人はいません。

又、日本全国に呼びかける必要性も有りません。時間が経てば解決するだろうと思い込み「 猫から帰って来る」「神様見つかります様に」とお祈りだけでは見つける事は出来ません。

印刷会社が行うチラシの製作のみ行っているサイトも有り、半数以上見つかると、云うキャッチフレーズをしている所もありますが、実際発見率は、1%以下しか無く、手遅れになるケースが多く発生します。値段の安さから、飼い主がチラシだけを配布しても情報が集まらず、その結果不幸なペットを作り続けています。経験上チラシだけでは、発見することが難しく情報が入っても姿を確認しに行き、捕獲しなければ意味が無い事を理解しています。
当社がチラシを使う目的は目撃情報を集める為の補助手段と考えています。似た猫はどこにでも多く、最終的には、捕獲しなければ、意味がありませんので、信頼の出来る探偵社に任せると云う事になります。

屋外で生活している、猫の多くは、飼い猫であったにも係らづ真剣に探さなかった為、飼い主不在として生息する事になり、避妊手術をしていない場合などは、雌猫が子を産み不幸な子猫を増やす結果となるのです。ペットリサーチセンターに相談してくる飼い主の方で多いのが、チラシ制作会社に依頼して4000枚配ったが何の情報も無い、捜索の相談にも乗ってくれない。迷子サイトに出したがメールが1件も来ない、待っている間に2ヶ月以上経ってしまったが見つかりますか?と言う問い合わせが数多くあります。

猫を探し出すには、直接猫の行動時間帯に合わせて捜索を行う必要があります。
猫の発見場所として、狭い場所・人気の無い場所を好む事から、私有地(他人の敷地)が多く90%以上となっています、時間帯も早朝・夕方・深夜となり、他人の庭(敷地)を探す上で、敷地に入る許可・マナー・経験が必要になります。

この様な作業を行った経験が無い場合、他人に尋ねられた時、言葉や態度もしどろもどろになり不審者と思われる事が多く警察に通報される事もあります。
捜索とは、動物行動学・生態・習性を理解し猫の居る場所を特定して探し出す地道な作業なのです。

よくある質問 Q&A

Q.1.申込後(入金)のキャンセルは出来ますか?
A.いいえ、キャンセルは出来ません。お支払が済みますと、現地に行く調査員を決めチラシ・捜索地域の住宅地図(ゼンリンから有料購入)を作成し、グーグルアースによる現地の地形を、見ながら捜索方針の決定など前日より作業が始まります。それと共に交通費を出来る限り安く抑え依頼者の負担を軽減する為LCC(ローコストキャリア)を利用する為払い戻しが出来ません。
車での移動の場合、前日に出発するので高速代・燃料代が発生します。ホテルの予約・宿泊旅行、同様、依頼したと同時に手配・経費が発生する事からキャンセル、48時間以内(払い戻し)は行う事が出来ませんので、くれぐれもご注意下さい。
依頼者様からお支払頂いたキャンセル料金については、地域猫の避妊・去勢費用に全額使わせて頂きますので、皆様のご協力をお願い致します。
Q.2.北海道・沖縄でも、捜索依頼は可能ですか?
A.はい、可能です。東京・埼玉は基本調査料金のみですが、その他の地域は、JRの運賃を基に交通費の計算と宿泊費・出張費がプラスされます。お見積りについても電話にてその場で行います。どうぞ、お気軽にお問い合わせ下さい。
Q.3.営業時間は何時までですか?。
A.はい、事務所の営業時間は、AM 8:00~PM 20:00です。直接依頼の場合は、携帯にお電話下さい。調査員は、全国出張を行っているので、土・日・祭日に付きましては、携帯電話・Eメールが対応致しますので、こちらからご連絡を致します。
Q.4.ポスター・チラシは自分で作成したいのですが?
A.はい、必要事項が記入されていればOKです。何千枚作成して頂いても構いません。当社では、捜索に使用する枚数にみ作成します。料金は、セット料金となりますので、値引きはしていません。
Q.5.お支払はどうすればよろしいですか?
A.はい、全て銀行振り込みとなって居ります、調査申込み時にお支払下さい。ATMでの、振込時間は、AM8:00~PM20:00です。時間外に振込をされた場合、振込明細書を携帯して下さい。
Q.6.捜索の方法はどの様に行いますか?
A.はい、捜索には、野外での動物の行動を重視した行動・生態・習性に重点を置き、周囲を見極めながら、犬種・猫種に応じた捜索を行います。
猫でも、飼育環境(室内猫・自由猫)、普段どの様な生活を送っているか分析した上で、捜査計画を立てます。捜索には、曜日・時間帯・天候が発見に大きくかかわって来ます。
猫の行動時間(活動する時間に的を絞る事も必要です)。
当社での、過去の発見事例がすべてファイルにして整理してありますので、状況や発見場所など捜索に大いに役立てています。
Q.7.高発見率となっていますが、なぜ発見する事が可能ですか?
A.はい、当社の社員はすべて、動物取扱責任者の資格を所有しており、飼い方や仕付けのアドバイスも行っています。猫の里親を目的としたネコカフェへの寄付などの支援も行っています。
当社で飼育している猫は現在30匹、犬は5匹います。すべて調査員自らが飼育しており、同種の猫については、すべてを知り尽くしている言っても過言ではありません。捜索には、同種の猫・犬を飼っている者か、経験のある調査員が捜査に当たります。
調査員が自分のペットを、捜していると言う気持ちで毎日の捜索に当っています。
Q.8.ペット不可のマンションで飼っているのですが、匿名での依頼は出来ますか?
A.はい、可能です。飼い主様の個人情報は、厳重に管理し、外部に漏れる事はありません。当社名義に於いて、捜索を行います。
Q.9.発見されずに捜索が終了した場合は?
A.はい、捜索期間内に直接発見される割合は、5割程です。その後、3日~1週間程の間に目撃情報や保護情報が入り発見される割合が3割程です室内で飼われていた、警戒心の強い猫の場合、2週間以上経ってから、発見される事もあり、諦めない事が肝心です。飼い主が捜索を諦めた時が、猫にとって、野良の始まりであり、生涯を過ごさなければならないのです。ペット探偵にとって、大切な事は、発見されなかった時のアフターサービスだと考えています。当社では、チラシを見た方からの、3ヶ月間の目撃情報のご連絡と動物管理センターのチェックを継続して行います。
Q.10.満足度90%となっていますが、どの様な基準ですか?
A.はい、当社に依頼頂いた方にアンケートをとり、対応、調査内容、結果、発見率など総合評価をして、満足出来たと言う結果を踏まえ、この様に表示しています。
Q.11.発見率90%以上となっていますが、本当に見つかりますか?
A.はい、実際の数値です。ご依頼頂き、こちらで計画した捜査計画に基づき予定道りの範囲を探しすべて、お任せ頂いた場合、結果としての数値です。事故に遭い死亡していない限り、捜索日数を継続すれば、限りなく100%に近付きます。依頼者の都合により、途中で捜査を打ち切った場合や後はご自身で探すなどは、この限りでは、有りません。
日本全国出張致します。ペット捜索のご依頼はこちら。(年中無休:8:00~20:00)
→ペット捜索の調査ご依頼
TEL/FAX:04-2995-2346
直通:090-9240-0994

コメントは受け付けていません。